dir

シェアハウスとは「共同生活」です。1つの家、もしくは部屋を複数の人と暮らすことです。
キッチンやリビング、そしてトイレやバスなどは共用することになります。
シェアハウスで共に暮らす人は「家族」ではなく、恋人でもないことが多いです。
シェアハウスのメリットは、敷金礼金、保証人制度がないということです。
短期滞在の方には特に剥いているのではないでしょうか。
必要最低限の家具、テレビ、冷蔵庫、エアコン、布団などは揃っているところが多いです。
電子レンジ、洗濯機なども共用部においてあったりして、とても便利で入りやすいという側面が強いです。
よくある例だと、海外からの留学生などはシェアハウスを多く利用しているようです。
ずっとそこで暮らし続ける前提ではなく、やがては解消してそれぞれの道を歩むことになるのです。
現在では昔でいうところの「下宿」というものも少なくなってきました。
学生専用のアパートであったりマンションは「学生会館」などとも呼ばれ、未だに存在していますが、そのようなところでは「門限」の制約など、暮らす際には不便なことも多いです。
シェアハウスであれば、一般的なマンションだったりアパートで生活をするのですから、同居人同士の基本的な取り決めくらいで、あとは自由だったりするのです。
最近では「シェアアパート」という形態も増えています。これは複数人でアパート全体を共有するカタチです。ラウンジ、キッチン、バス、トイレは共用です。個々にはそれぞれの個室があります。
1人暮らしで感じる寂しさや不安などを解消できるので、独身の方が利用する場合がほとんどです。
「ラウンジ」などというものは高級マンションくらいにしかないものなのですが、この場合だと低賃料で実現しています。
シェアハウスは学生向け、シェアアパートになると社会人の利用が多いようです。
人間の活動の基本である「コミュニケーション」は、1人暮らしになるとOFFのときには出来ないものです。
女性ではあれば1人暮らしに対する不安などもあるでしょうし、さみしさも募ります。
シェアハウスで共に過ごす方は家族ではないのですが、まさに同じ屋根の下で毎日過ごすわけです。単なる同居人ではないですし、親友ともまた違います。
地方から上京、または海外から留学、仕事での短期赴任など、その人の目的はさまざまだと思うのですが、なにか「目的」があってそこにいることはお互い変わりません。
ずっと一緒に暮らし続けるわけではないからこそ、抱ける特別な想いというものもあります。
志を共有したり、お互いの将来の展望を語りあったり、シェアハウスで過ごす時間は、人生の中でも特別な時期としてずっと記憶に刻まれることになるのです。
ですから、「ただ安いから」、「便利だから」ということだけではなくて、いかにシェアハウス生活を楽しむのか、ということも考えてみてもいいかもしれませんよね。

""